大嶋信頼さんの心に聞くとは?心よと呼びかけても聞こえない時の対策

大嶋信頼さんの心に聞くとは?心よと呼びかけても聞こえない時の対策 困った時に使える切り抜ける方法

今回は大嶋信頼さんの心理療法の一つ「心に聞く」について紹介をします。

この方法は「支配されちゃう人たち」という本に書かれていた方法で、自分の心の声を聞くことで支配者か虚無を見分ける方法として紹介されていました。

心に聞くとは究極の自問自答であり、心に聞くことで自分の無意識にアクセスをし無意識の声(気持ち)を聞くことができるものです。

なぜ心に聞くが有用かと言うと、

1.無意識は意識では認識していない記憶していない知識も無意識は覚えていて使える
2.無意識は脳のネットワークにもアクセスして情報を引っ張り出せるので無限に情報を引っ張り出せる
3.支配者の力に影響されない意見を持っているからです

まぁ人類の脳内インターネットにアクセスをして情報を自由に引っ張り出せるみたいな感じと思っています。

また大嶋信頼さんいわくプロの凄腕のカウンセラーが身近にいるぐらい強力な存在とも、内にリフレクティングチームがいるぐらい強力なツールだとのことです。

心に聞くことで様々な問題が解決していき、無意識も意識も快適に過ごせる状態になることができると思っています。

それではどうすれば心の声を聞こえるようになるのか紹介をします。

心に聞くとは どうすればいい?どうやる?方法を紹介

心に聞くとは実に簡単な方法です。

心の中で「心よ!」と呼びかけてそれから質問をしてみてください。

これだけのシンプルな方法です。

簡単すぎて聞こえないんですけれど…と私も思っていました。

でも大嶋信頼さんも言っていますが、究極の自問自答なんです。

どこか別の所から天の声のように聞こえてくるものでも、選ばれた人だけに聞こえる声でも、選ばれた人にだけ使える超能力的なものではありません。

心の中で「何を食べようかな?」とか「あの人ってどう思っているんだろう?」とか心の中で思っていることが自問自答ですよね?

その自問自答のはじめに「心よ!」という呼びかけがあるかどうかの違いだけなのです。

心、無意識にアクセスをする時には邪魔が入るので邪魔を排除する必要がある

心に聞くはシンプルな方法ですが注意点もあります。

注意点とは邪魔が入ることです。

邪魔って何なの?ってことですが、それは「支配されちゃう人たち」の中で紹介をした支配者(支配)からの邪魔です。

人間は2割が支配をする支配者、8割が主に支配されちゃっている虚無(ブッダなど)、1万人に一人ぐらいが主に支配されちゃっている光の人(キリストなど)と言われています。

普段多くの人間が支配者に支配をされちゃっています。

※興味のある人は「支配されちゃう人たち」の記事や本を読んでみてください

虚無の人が心にアクセスをして、自由に心の声を聞くことは支配者には望ましい状況ではありません。

なぜなら心の声が聞こえちゃうと支配しにくくなったり、思うように支配できなくなるからです。

そこであらゆる「邪魔」をすることで心の声を聞こえないようにしているのです。

心に聞くを邪魔する「邪魔」ってとはどんなもの?

これまで親や先生あらゆるところで「常識など」を教えられてきたと思います。

その常識などがあれば心の声が聞こえるなんて、オカルトチックとか、常識じゃないとか、非現実的とかあらゆる気持ちがわかせると思います。

もし、心よと呼びかけてそんな内なる声が聞こえてくるのであればそれこそ邪魔だと思います。

また心に呼びかけて、心からしっくりしない答えが来る時は邪魔が入っている可能性があります。

邪魔があるのか?心に聞き、邪魔がなければ何度も心に聞いてその答えを深堀りしましょう。

邪魔を排除する方法とは

邪魔を排除する方法は

1.意識「心よ私と心の間に邪魔するものがありますか?と聞く」→心「あります。 or あるよ」的な返答

2.意識「心よ私と心の間の邪魔をしているのは誰ですか?」→心「○○です」的な返答

3.意識「心よ私と心の間の邪魔を排除できますか?」→心「できます。 or できる」的な返答

4.意識「心よ邪魔を排除してください。」→心「はい or OK」的な返答

5.意識「心よ邪魔が排除できましたか?」→心「はい or OK」的な返答

であればOKです。

はじめのうちはたくさん邪魔がされているので、たくさん邪魔を排除していきましょう。

それにはじめは邪魔が上司や会社の社長や普段嫌な思いをさせてくる人が浮かびますが、その内両親や祖父母など身近で、本当に自分を支配しているものを見つけることができます。

この邪魔を排除するってすごく面倒ですが、支配から抜けるためにはこの邪魔を排除していくだけがかなり効果的と大嶋信頼さんも言っていました。

 

それでも心よと呼びかけても聞こえない時

それでもちっとも心の声が聞こえない!と悩んでいるアナタ…よくわかります!!

なぜなら私も最近までほぼ心の声が聞こえなかったからデス!w
私は「心に聞く」は何年も支配者かどうかの見分けるのと邪魔を排除するのにしか、心の声は活用できていませんでした。※それだけでも十分効果的です
ちなみに心に聞くは難易度も高く。FAPの中指ビンゴなどの方が心に聞くより簡単らしく…私も中指ビンゴの方が使えるようになるのが早かったです。

でもtwitterの大嶋信頼さんのファンの人のコメントや大嶋信頼さんのレビューを見ると心の声が聞こえまくっていて、心との会話ができまくっている人を見ると内心「私の心はそんなにペラペラと喋らんぞ~!」「私の心はそんな高次元な知識を喋らんぞ~何が食べたい!とか子供みたいなことしか言わんぞ~!」という感じでした。

そもそも大嶋信頼さんの心の声ってすごいじゃないですか?あんなにたくさんの本も書きますし、ブログの内容は毎回新鮮だし、無意識の旅でも新しい発見が常にあったり…

自分もあんなに心の声が聞けてもっとすごい知識・知恵に触れたいって思いますよね。

そんな私も最近少しは心の声が聞こえるようになったので、コツを伝えれられればと思います。

心との信頼感が必要

まずは心との信頼感が必要です。

信頼感ってなんぞやって感じですが、他人と信頼感を築くと考えればわかりやすいと思います。

他人と仲良くなるには多少時間がかかりますし、ものすごく盛り上がって話をしたり、一緒に何回も遊ぶとか必要ですよね?時には口論して意見をぶつけあうことも必要かもしれません。

心も同じように信頼感を気づくには、「たくさん心と話す」「思っていることをズバズバとぶつけてみる」必要があると思っています。

一度あまりに生活がうまくいかないから心に「心よ!なんで助けてくれないんだよ。ひどいじゃないか?○○か!」とかめちゃくちゃ文句を言いましたし、

最近休みの日には一日ずーっと心と話していましたので心の声が聞こえるように(色々答えてくれる)なりました。

これはFAPもそうで、270時間に一回バージョンアップが起こるそうで使えば使うほど、信頼感が高まり進化していくのだと思っています。

遺伝子コードを唱える

遺伝子コードや呪文も心の声を聞くのにはプラスにできるものがいくつかあると大嶋信頼さんは言っていたのでその遺伝子コードを紹介します。

※心に聞くの時間を増やす前にこちらをたくさん行いました

PYY(ピーワイワイ)の還元(かんげん) ×7

PYYの還元はしがらみを切る遺伝子コードです。

支配者などのしがらみを切ってくれるので心にアクセスしやすくなると思います。

MAPK1(マップケーワン)の還元(かんげん) ×7

共依存の遺伝子コードでしたっけね?

こちらも心の声が聞こえるには良い遺伝子コードだと言っていました。

 

さて、今回は心の声を聞くという手法について詳しく説明をしました。

いかがでしたでしょうか?

心の声が聞こえない私でしたが、たくさん聞いていくうちに心が色々と答えてくれるようになりました。

紹介した方法が少しでも活用されれば幸いです。

私も心の声が早く聞きたくて色々調べては試しての結果です。

大嶋信頼さんやその他のカウンセラーの情報のおかげで、心の声が聞こえるようになって嬉しい限りです。