「本当の私よこんにちは」FAP療法の本のレビュー、中指ビンゴのコツについて

「本当の私よこんにちは」FAP療法の本のレビュー、感想 自己啓発、心理療法にオススメの本

FAP療法の本がついに出ました~

日々悩みがある人、心に傷があったり、トラウマがある人は必見の本です。

この本を読むことで、以下のような効果があると考えられます。

・過去の傷、モヤモヤした苦しい感情、トラウマを取り除ける
・自分の意思、限界を超える選択をすることが可能
・嫌な自分を変えることができる
・誰かのトラウマを取り除くことができる
・自分でFAPを使えるようになる
後半にはFAPを使って自分の意思を超えた選択肢ができる「中指ビンゴ」のやり方の動画を紹介しています。
まずはこちらの本の内容FAPについて紹介をしていきます!!

 

FAP療法とは?

FAP療法とは、大嶋信頼さん、米沢宏さんらが生み出した、短期間で簡単に治療者の人にダメージが少なく、トラウマを取り除ける方法です。

※ちなみにもうひとりの著者、泉園子さんはFAPの先生ですね。無意識の旅のページで有料のカウンセリング講座の先生として登場されています。

従来の治療法ではトラウマの治療は時間もかかり、本人に思い出してもらうなどして、トラウマの再上演となり、治療者のダメージが大きく、かつ治療をするのに時間がかかっていました。

このトラウマ治療を短期間で治療できる画期的な方法こそがFAP療法なのです。

FAP療法のメリット

・副作用がない
・短期間で治療が可能
・治療を受ける人のダメージが少ない
・本人の治療も可能

なのでトラウマ治療は、通常カウンセリングに通って長く治療をしてもらう必要があるものですが、FAP療法は自分で治療をすることができるんです。
これは本当に人生を変える手段、お金の価値にすれば何百万円もする方法だなと思いました。

ちなみに私がカウンセリングを受けて、殺されると感じるほどの不安症をとってくれたのもこのFAPです!

だから、私からすればFAP療法は絶大な信頼があるんですよね。

また大嶋信頼さんはよく動画配信(無意識の旅)で一般の人から質問があると、ものの5秒くらいで原因と改善法をパッと出したりするんです。

会ったこともない人のtwitterの文章見ただけで、悩みを解決する方法がわかるなんて…!

後日治りましたという連絡がアカウントにたくさんあるのを見て、本当にすごいなと思っていました。

※私も何回か相談して自分の対処をする遺伝子コードを教えてもらいました

それ、大嶋信頼さんが実はこれはFAPという手法で、当てているんですよとのこと。

「憧れの大嶋信頼さんに自分も少しでも近づけたらなぁ」「自分で自分を治療できたらなぁ…」

と思って私はこの「本当の私よこんにちは」本を買いました。

FAP療法はなぜ生まれた?

大嶋信頼さんが治療をしている時に、カウンセリングを受けている人が嫌なことを思い浮かべると、指がピクッとする反応があるのだけれどなんだろう?ということを米沢宏さんに相談したところから始まったようです。

※米沢宏先生はTFTという治療や他にも様々な治療を学んでいたうえで、FAPを大嶋信頼先生とともに見つけた先生です

カウンセラーの人は、とにかく治療をしていると胃が痛くなったり、内臓が痛くなったり大変だそうです。

※大嶋信頼さんは、月に一度胃痛で休む日が一日あったとのこと

当時大嶋信頼さんがその日は元気に診療をしていたのですが、仕事でカウンセリング時に次の患者さんを呼ぶために「次の人どうぞ~」と言った後、その患者さんがドアノブに触れた瞬間に、ものすごい胃痛に襲われたそうです。

そのあとカウンセリング中に患者さんの治療が進むにつれて、胃の痛みが収まったとのことです。

こういった出来事があり様々ななことを探していくうちに、ミラーニューロン(人の脳はお互い真似をしあう性質がある、あくびや緊張が移り合うことなど)の論文を見て、

もしかしたら患者さんから胃の痛みなどをもらっているのでは?と大嶋信頼さんは仮説を立てたそうです。

そして内臓が痛む箇所によって、どこの感情が激しく動いているのかはわかっているようで、(胃の場合は怒りなど)そして、指と内臓は密接に関連しているとのことです。

FAPによって記憶の統合がされ 感情が消化される

ずっと悩んでいたりすると苦しいですよね?

例えば、上司が私のことを嫌っているので、仕事を辞めたい…と悩んでいたとします。

でもこれって本人の主観からは、そう思っていますが、本人の思い込みということは考えられます。

だって「本人に直接嫌い」と言われたわけでない場合がほとんどでしょうし、相手の他の言動や行動で判断していると思いますが、そういうのは大抵外れているとのこと。
※私もよくそんな思いを抱くことがあるのですが…FAPの中指ビンゴで推測をすると違うと反応がでます。例えば何も考えていないとか…人の気持ちはわからないもんです

そして「相手は私のことを嫌っている」と自分の思い込みである場合は、帰属エラーとしてこの感情は消化されないとのことです。

もし、自分は嫌われていないと中指ビンゴで推測ができた場合は

別の原因だとFAPでわかれば、ちゃんとした感情に帰属され記憶が整理され感情を消化できるようになるとのことです。

それでは、早速実際の使い方を紹介いたします。

トラウマを取り除く FAP療法の「指押し」とは

ではまずトラウマを取り除く「指押し」から紹介します。
これは嫌だった気持ちや人を浮かべながら、指を順番に押し、自分に質問をして気持ちを確かめるものです。

そしてその後に感情が減ったか確かめるシンプルな方法です。
※やり方詳しくは本書にてご確認ください。

私自身が指押しを使った感想

指押しは、ズバリ私にすごく効きました…。

自分の父親に捨てられたことに憎しみがあり、いじめた人をいつまでも憎んでいたり、怖がっていたりしていたのですが、

この方法を試したところ…

気持ちがなんだか…不思議つかえが取れたような…モヤモヤがなくなったような。

アレ?という感じです。

ただし、この方法には、副作用があります。

それは眠くなることと ボーッとすることです。
これは記憶が統合されるためとのことで、FAPの治療後は何日かよく眠るようです。
※私もそういえば、カウンセリングを受けた後頭がボーッとしてました。

ですので、運転をする予定がある場合や、危険な作業の前にはFAPの治療をしないように注意するよう書かれています

FAP療法 中指ビンゴとは?

FAPでは、中指ビンゴという方法があります。

やり方は、手首を軸にブラブラして(※指の力も抜きます)、自分に質問をし、中指が曲がるかなどの反応が出るかどうかです。
※はじめのほうは、指は曲がらずピクッとなるか、重く感じるか、ピリッとくるかなどになるかもしれないですし、他の指に反応が来る場合もあるそうです

この中指ビンゴの凄さとしては、主観を外した答えを得られるとのことです。

通常なんでも物事には主観が入り、キチンとした判断はできないのですが、この中指ビンゴであれば自分の主観を外して答えを得られるとのことです。

※人間は通常主観を外すことはほぼ無理で、何十年も修行したってセンスがなければできないぐらいのレベルだそうです

大嶋信頼さんは、毎食食べるものや、何を唱えるかなど全て中指ビンゴで決めているそうです。

その結果、20kgのダイエットに成功したとか。

お昼ごはんを買いに行ってこの方法を試したところ、ヨーグルトと出た時は落ち込んだそうです。
実はこの方法は、動画でも説明がされています。

・中指ビンゴを使った感想

実は私は動画を見ただけでは、できませんでした。

原因としては、「指の反応がない」とあまりに思いすぎていたからです。
※「できない」「反応がない」と思いすぎると、自分に暗示がかかって反応がないとなるとのことです

ですが今では中指ビンゴは、指先の些細な感覚とわかったのでどしどしと中指ビンゴをして自分に質問をしています。

自分が「昔夢を追いかけた理由」とか、「なぜ元カノと別れたことを引きずっているのか?」などを質問して、記憶の統合をおこなっています。

自分の中で様々なことが腑に落ちて、スッキリしてきました。

よっしゃこれで競馬とか当てたろ~と思いましたが、この本の質問コーナーに宝くじは当たりませんでした…と書かれていましたw
(大嶋信頼さん試したんかい!w)

うまくFAPを使う方法

いずれにしろFAPをうまく使うには、「楽しく使う」に限るとのことです。

動画でも語られていましたが、はじめのうちは、通りすがりの人が浮気をしているだの、恋人がいるだのそういったことを中指ビンゴでやっていると良いのだとか。
私は自分自身に興味があるので、誰か私のことが好きな女の人がいないのかを中指ビンゴしまくっていますw

泉園子先生いわく、うまく使えるようになるには、FAPで食べ物を選ぶのがよいのだとか。

ちなみに私の推測をしているのは、心とも密接に関連しているので、

「邪魔を排除したり」無意識を強めるMAPK-1(マップケーワン)の還元がよいなと思っています。

あとは、中指ビンゴをする手は利き腕で、かつ腕には時計やアクセサリーはつけないようにとのことです。

私は人生でまだまだ傷が多くあるので、(事故を起こしたとか、嫌な目にあったとか)それらをFAPで取り除いて行きたいと思います。

また、大嶋信頼さんも泉園子さんも本著で言っているのですが、

FAPは半信半疑で行うことも大切だそうです。

信じてしまえば、宗教になるから、そして主観も外しにくいだからそうですね。

『本当の私よ こんにちは』刊行記念 オンライントークイベントが感動する。中指ビンゴのコツも紹介されています

さて、この本の出版を記念して、著者たちと出版社の人のトークイベントが2020年10月25日に開催されました。

FAPが生まれたキッカケや、FAPを使って驚いたエピソード、実際にFAPを使う時のコツなども話されているので必見です。


この本では初級講座までの内容をこの本に入れたとのことです。

※上級講座などの内容は、講習を受けなければ学ぶことはできません。

2021年1月31日の無意識の旅の youtubeライブでもFAPのコツを再度紹介してくれています。

どうやら中指ビンゴは手はおろして方が良いようですね。

ぜひ「本当の私よこんにちは」買う際に参考になればと思います。